自動車の【全損】とは名称通り愛車のすべてが故障した状況、要するに走ることが出来ないような自動車としての役目を満たさなくなった場合に使われますが、保険においての(全損)は少なからず同義ではない内容が含まれています。乗用車の保険の場合では車が損傷を受けた場合に〈全損と分損〉などと2つの結果に分類され、分損は修復費が補償金内でおさまる場面を言い表し【全損】とは修復費が補償金の額より高い状態を表現します。修復で全損という状況では車の心臓、エンジンに致命的な打撃が存在したり自動車のフレームが変形して直すのが不可能な場合リサイクルか処分と結論付けられるのが当たり前です。けれど、乗用車の事故が起きて修理業者や自動車の保険屋さんがそのような修理の費用を予測した時に、いかに見た目が美しく修理が可能である場合でも修理のお金が補償額よりも大きくては何のために自動車の任意保険に加入しているのか分からないです。このようなときには全損と考えて愛車の所有権を自動車保険の会社へ譲り補償金を支払ってもらうことになっています。それなりの期間連れ添った車で愛情があり自費で修理して使用したいと考える人は多数いますから状態によって自動車保険会社と確認しあうといいのかもしれません。もっといえば、自動車の保険の種類に応じてそういう場面を考えて車両全損時諸費用補償特約など《全損》のために特約が設けられている状況がたくさんあり、予期せず自動車が【全損】なった時でも新車購入等お金を一定分払ってくれるケースも実在します。更に盗難時保険額の特約をつけていると、被害にあった自動車がなくなった時でも(全損)となり保険金が払われるサービスになっているようです。