一般的に自動車保険の会社は丁寧とCMしていますが乗用車の事故を起こしてしまった場面で間違いなくきちんきちんと処置してくれるか気になります。なかでも電話で加入する事が出来るダイレクト系自動車保険と名付けられた実際のお店をを備えていない保険屋さんでは相手が見えないことも心配の材料となりそうです。でもダイレクト型と実在の店舗を持つ車の保険会社の取扱いに特に大きな相違はありませんし、通販型自動車保険のほうが必要経費がかからない分保険料が下げられるので自動車での事故にあわなければ保険料を安くすることができるのです。それじゃあ自動車保険において事故対応に差異が存在するかと聞かれれば答えはイエスです。その優劣は店舗型通販型自動車保険というような差異ではなく、ひとつひとつの保険屋さんごとに事故処置をしてくれる時間や日にちがちがうことが挙げられます。自動車の事故はどんなタイミングで遭遇するか推測できませんので、事故対応は24時間365日対処してくれるのは必須の条件ですしさらに休みの日や深夜に起こってしまった対応がしていることをチェックすることが大事です。中には、どんな時も事故の対応となっていても事故の受付時間が休日は違いがあり切り上げられるところもあったりしますので知っておくことをお勧めします。別の話としてもしもに備えて車の保険会社の事故処理拠点も確かめておくことも忘れてはいけません。どのような自動車保険会社でも事故拠点が遠くにしかなければ事故の処理に時間がかかる状況もございますので、近くに事故処理拠点が存在するかを事故処理の違いを判断する基準です。大型の自動車保険会社はエリアごとに事故対応拠点を持っていることが多くありますのでサービスも優れていて事故現場で行わなければならない自己対応にもきっちりと伝言をくれると評判が高いです。