「全損」とは名称の通り自動車のすべてが破損してしまう状況言い換えれば走行が出来ないなど移動手段として役割を満たせなくなった状況で言われますが、自動車の保険で『全損』は多少なりとも同様ではないニュアンスがあったりします。自動車保険においては自動車が壊された時に「全損と分損」の2つの状況に区分され《分損》は修理のお金が保険金でおさまる事を表し、それとは逆に「全損」とは修復のお金が補償金の額を超える場面を示します。通常では、乗用車の修復で(全損)と言われると車の心臓、エンジンに修理できない損傷が起こったり、乗用車の骨格が曲がってしまったりして修理が不可能な場合再利用か廃車と決められるのが普通です。しかし、車の事故が起こって販売会社や自動車の保険会社がその修理の費用を予測した状況で、例え表面的に問題なく直すことができる状態でも修理のお金が保険金よりも高かったら何を目的として自動車保険に入っているのか分からなくなってしまいます。こういった場合は、全損と決めて自家用車の所有権を自動車保険の会社へ譲渡して保険金を頂く条件になっています。当然の事ですがそれなりの期間乗った自動車で思い入れがあり、自分で直して乗り続けたいと考える人間はいくらでもいるので状態によって自動車保険の会社と話し合うといいかもしれません。なお、自動車保険にはこのような場合を考えて特約など全損の時のための特約ついている場面が多々あり、万一自家用車が【全損】なったケースでも新しく車を買う必要費用を多少なりとも補償してくれるサービスも実在します。そして盗まれた時の保険金の特約をつけている場合、盗難にあった物が発見できない場合も全損となり、補償金が支払われるシステムになっているのです。