自動車の保険には皆様方ももうご存知かと思いますが通称「等級」と呼ばれる制度が存在するのです。より正確にはノンフリート等級別料率制度といい、月額の掛金にとても多大に影響を与えています。等級においては、自動車保険への加入者の公明正大さを担保することを目標とするため、アクシデントを発生させてしまう可能性ないしは、自動車の保険を使う恐れがより高ければ大きいと認められるほど掛け金が上がります。その反対に自動車事故を発生させる可能性が少なく自動車の損害保険を適用される可能性が低い利用者は、危険度の低い保険利用者だと認められることで保険料が低額になります。安全に車を利用する運転手のほうが有利な制度となっており、事故を引き起こしやすい人には多少不利なシステムであるといえるでしょう。等級というシステムは、低リスクの加入者と事故リスクが比較的高い被保険者の保険の掛金が同額だと不公平に考える方が多数なので、自動車保険としても運営上のリスクを減らすために何が何でも欠くべからざる機構だといえるのです。ここで、等級とはどのような枠組みなのかご説明します。まずは、等級というものには1等級より20等級まで設けられ、数字が増えるたびに保険の掛け金が値下げされる機構になっております。また1等級?3等級の範囲においては値下げされず、逆に値上がりし、トラブルを発生させてクルマの損害保険を適用してしまうと3等級下がってしまいより一層負担が大きくなった自動車保険を納めていくことになることを避けられません。第三に初めて車の損害保険に加入する場合においては6等級という位置からのスタートになり、その等級から等級が減っていくのか上がるのかは運転者の今後次第です。ゆえに、掛け金を安価に抑えたいドライバーはアクシデントを防止するために日々余裕を持った運転に留意するのがまずは最も大事だといえるでしょう。