大部分の自動車の保険会社は至れり尽くせりと宣伝をしますが、乗用車の事故に巻き込まれたときに間違いなくきちんきちんと処置してくれるか不安です。取り分けてネットで入る事が出来るダイレクト系自動車保険と呼ばれる代理店がない保険会社では相手が見えないという状況も心配の材料となりそうです。そうは言っても、通販型自動車保険と実際に代理店が整っている自動車保険の会社の対応策に大きな差はないですし、ダイレクト型自動車保険のほうがコストが削減できる分月々の保険料が下げることができるので自動車での事故にあわなければ月々の保険料を安くすることが可能になります。それなら自動車保険が異なることで取り組みに差があるかどうかといえば、イエスと答えます。その隔たりは店舗型、ダイレクト型という差異ではなく、個々の自動車保険会社ごとに事故の対応をする時刻や日にちが違うことによります。事故はいつ何時あうか当てることはできませんので、対応は24時間応じてくれるのは必須条件ですし、その上で休日や夜遅くに起こった事故処置がきっちりとされていることを確認してみることを忘れてはいけません。会社によっては、24時間365日事故対応という条件でも事故受付時間が休日は平日と違いがあり短くされている保険の会社もありますので調査しておくことをお勧めします。また別に、もしもを考えて自動車保険の会社の事故処理拠点もしっかり確かめておきましょう。どのような保険屋さんでも事故処理拠点が満足になければ事故対応がすぐにされない場面もございますので、家の近くに存在するかを事故の対応の違いを判断する目安の一つです。大きな車の保険会社は地方ごとに処理拠点があるようなこともございますので必要なときの対応も満足感も高く自分で行う対応にも正しく助言をしてくれると評判が高いです。